土のコンディションを整えましょう

【ポイント1】

どうして良い土が必要なの?
植物は土中に根を伸ばして自分の身体をささえ、水分や養分を吸収して、茎や根、それから花や果実に送りこんでいます。
植物が大きく育っていくためには根がしっかりと土中に伸び、充分に養水分を吸収できるようになっていることが大切です。

【ポイント2】

さあはじめましょう土作り!
植付けの場所の地ごしらえは、遅くとも植付けの1ヶ月前に済ませておきましょう。
1平方メートルあたり消石灰を100g、元肥として堆肥か腐葉土をバケツ1〜2杯、緩効性肥料200gなどを地表面にまき、深さ30cmほど掘り起こします。

【ポイント3】

用土の種類
用土は基本となる基本用土(赤玉土・黒土など)、基本用土の欠点を補う改良用土(腐葉土・ピートモスなど)、通気性・保水性を良くする調整用土(パーキュライト・パーライトなど)の3つに分類されています。