病害虫の予防と対策

アブラムシ

緑色や黒色などのポピュラーな害虫で、種類や性質は多様です。

[被害]
若い茎葉や新芽に群がり、液を吸って植物を弱らせます。枯れることはまれですが、排泄物ですす病を誘発させる場合があります。

[発生時期]
春と秋。夏は減少。

黒斑病

[症状]
葉に大小の黒い病斑がでます。ほか斑点性の病気は、黒星病、角斑病、白星病、褐紋病などさまざまな種類があります。

[発生時期]
4月〜10月。気温、夜の湿度が高い時期。

 

うどんこ病

[症状]
新芽や若葉、茎、花茎が、小麦粉をまぶしたように白くなります。その植物特有の病原菌なので、バラのうどん粉病は、バラだけに感染します。

[発生時期]
4月〜10月。気温、夜の湿気が高い時期

イモムシ、ケムシ

[被害]
若葉や花を食害します。特に葉の、葉脈を残す食べ方をするのが特徴。成長すると食欲旺盛になり、あっという間に植物が丸裸になることもあります。

[発生時期]
4月〜10月。種類によって違います。